コンサルタント弁護士・籔本恭明(やぶもとやすあき)
コンサルティング
問題解決コンサルティング問題を構造化し、原因に対する仮説を立て、検証し、解決策を立案し、解決策の実行を支援します。
戦略立案・バランススコアカード導入コンサルティング企業分析をし、戦略立案を支援します(ご要望に応じてバランススコアカード導入を支援します)。
組織・人事コンサルティング組織戦略・人事制度立案を支援します。
ファシリテーション100回以上のファシリテーション経験を有しております、各種会議・ワークショップをデザインし、ファシリテートします。
ビジネス・コーチ100人以上をコーチングした経験を有しております。トップ・エグゼクティブを対象として、知・信・仁・厳・勇を兼ね備えたリーダーへとコーチします。
事業承継コンサルティング事業承継のための、所有、経営、家族、それぞれの戦略立案とガバナンス設計、事業再生、M&Aを支援します。
新規事業コンサルティング新規事業計画立案を支援します。
番頭養成研修・コンサルティング番頭養成、参謀養成の仕組みづくりを支援します。研修も実施します。
クライアントのニーズに応じたコンサルティングを提供いたします。
お気軽にご相談下さい。
お問い合わせからコンサルティングに至るまでの流れ
お問い合わせからコンサルティングに至るまでの流れ
1. お問い合わせ 貴社からメールにて、お問い合わせを頂きます。
E-mail: yabumoto@yamaintl.gr.jp
まで、貴社名、担当者様御氏名、お問い合わせ内容、御連絡先を記載してメールにてお問い合わせ下さい。
2. 内容確認ご本人にお問い合わせ内容の詳細を確認させて頂きます。(遠隔地の場合、メールでやり取りさせて頂く場合があります)
3. 企画書作成 確認させて頂いた内容を基に、企画書・見積書を作成致します。
4. 企画書提出企画書・見積書に基づき、内容を説明させて頂きます。見積もりは無料です。
5. 企画書検討コンサルティング委任の有無を判断して頂きます。
6. 契約・事前打合せコンサルティング受任後、事前打ち合わせをさせて頂きます。
7. コンサルティングの実施企画書に沿ってコンサルティングを進めて参ります。
事業承継(その4)次世代のファミリーに経営を譲渡することはファミリー企業の条件か
事業承継(その4)次世代のファミリーに経営を譲渡することはファミリー企業の条件か
作成:2016年3月30日(水)
事業承継(その4)次世代のファミリーに経営を譲渡することはファミリー企業の条件か
ファミリー企業研究で有名なデニス・ケニョン・ルヴィネとジョン・ウォードは、「次世代のファミリーに経営を譲渡するつもりでいること」をファミリー企業の要件として挙げています。
しかし、次世代のファミリーに経営を譲渡する意思があるかどうかなど、外部から判然としません。もしかしたら経営者自身決めかねているかもしれません。もともとは譲渡する意思があっても、ちょっとした口論がきっかけとなって、譲渡する意思を無くしてしまうかもしれません。
経営をファミリーに譲渡する意思があることを、ファミリー企業の要件とすることは適当ではないと思うのです。
私がインタビューしたファミリー企業の執行役員さんの話ですが、そこの社長は息子に経営を譲りたいと考えていることは、社長の態度から明らかだそうです。しかし、いつも社長は、みんなの手前、「息子には会社を譲らない。」と言っているというのです。
その執行役員さんが言うには、「どうやら、社長の本心は、役員が揃って『どうか息子さんを次の社長にしてください。』と言ってくるのを待っているようだ。」との話でした。
そこで、デニス・ケニョン・ルヴィネ先生とジョン・ウォード先生のように、「次世代のファミリーに経営を譲渡する意思があること」を、ファミリー企業の定義からは除外して考えることにしましょう。
しかし、後に述べるように、ファミリー企業の分析には、「所有」と「家族」と「経営」という3つの視点があります。経営者が所有しているものは、いずれ相続されるのですから、経営を譲渡しない意思を有している場合には、第一は、会社を上場させて持ち分をファミリー以外に分散させる方法、第二は、会社の持ち分をファミリーに相続させるが、経営には直接的に関与せずプロフェッショナル経営者に経営を任せる方法、第三は、ファミリーは資産管理会社の持ち分を持ち、「君臨すれども統治せず」、資産管理会社を通じて睨みを聞かせる方法があります。
このような場合には、もはや純然たるファミリー企業とは言えないでしょう。
やはり、ルヴィネとウォードのように、「次世代のファミリーに経営を譲渡する意思があること」をファミリー企業の要件にするのではなく、「承継者は非同族者から選ぶことが明確な企業」をファミリー企業から除外する考えがよいと思うのです。

  このエントリーをはてなブックマークに追加
医療と法ネットワーク第3回フォーラム「国民皆保険と混合診療ー最善の医療制度を目指してー」
医療と法ネットワーク第3回フォーラム「国民皆保険と混合診療ー最善の医療制度を目指してー」
作成:2013年8月26日(月)
2013年9月21日(土曜日)午後1時から午後5時
京都リサーチパーク 西地区 4号館2階
京都市下京区中堂寺粟田町
JR丹波口駅下車徒歩5分
プログラム
13:00ー13:10 開会のご挨拶
13:10ー14:50 基調講演
国民皆保険制度をいかに堅持・発展させるか 亀田隆明氏(医療法人鉄蕉会理事長、亀田総合病院理事長)
法制度と医療政策ー混合診療に焦点をあてて 芝田文男氏(京都産業大学法学部教授、元厚生省)
財源問題と医療制度へのアプローチ 今中雄一氏(京都大学大学院医学研究科教授)
15:10ー17:00 パネルディスカッション&質疑応答
コーディネーター 石川寛俊氏(関西学院大学法科大学院教授、弁護士)
パネリスト:基調講演者3名
記事全文を見る

  このエントリーをはてなブックマークに追加