コンサルタント弁護士・籔本恭明(やぶもとやすあき)
経営の視点
経営の視点
日本時事評論 平成30年1月5日号 1面「大自然や万物に感謝し、物を大切にして循環型社会を」
日本時事評論 平成30年1月5日号 1面「大自然や万物に感謝し、物を大切にして循環型社会を」
作成:2017年12月31日(日)
「大自然や万物に感謝し物を大切にして循環型社会を」(日本時事評論平成30年1月5日号1面)では、「社会秩序を保ち、安全、安心の社会を築くには、大自然(神仏)、万物、祖先(親)、先輩、他に感謝する心が不可欠。」と、感謝が社会の基本であることを強く訴えています。
循環型社会を築くには、化石燃料を燃やし続けるライフ・スタイルを転換する必要があるでしょう。
しかし、電気自動車への転換、人工知能の活用等、エネルギー需要は高まるばかりです。
これに対して、火力発電で対応することには限度があります。
WHOのレポートでは、毎年600万人が大気汚染が原因で死亡していると言われています。
我が国でも2万3千人が、毎年大気汚染で亡くなっていると言われています。
また、風力発電は、電力供給が不安定であるため、スウェーデンは脱原子力発電の政策を転換して、原子力発電を継続することになりました。
我が国において、再稼働していない原子力発電所がありますが、原子力発電所は、稼働をしていても、稼働を止めていても、安全性には差はありません。むしろ、稼働を止めた場合には、人的資源を貼り付けることができないため、安全性に関してより大きな問題があるとも言えます。
我が国で、メタンハイドレートの実用化、核融合まで、まだ、時間がかかりそうです。
これらのエネルギーが商業ベースで成り立つまでは、原子力発電を活用することが、循環型社会に近づく道だと思います。
とりわけ、燃料電池に必要な水素は、原子力発電所が生み出す夜間エネルギーで電気分解することで作ることができます。
従来、我が国には、「核アレルギーがある」と考えられていましたが、すぐ近くにある北朝鮮で核ミサイルが開発されても、慌てる様子もないことから、「核アレルギー」は大きくなかったのかもしれません。
平成30年は、核アレルギーを払拭して、原子力の平和利用のために力を合わせる年になることを祈念します。

日本時事評論の過去の記事は、次のサイトから読むことができます。
http://www.nipponjijihyoron.co.jp/

  このエントリーをはてなブックマークに追加
経営の視点に関する詳細や関連記事はこちらに御座います。併せて御覧ください。