コンサルタント弁護士・籔本恭明(やぶもとやすあき)
経営の視点
経営の視点
事業承継(その34)家族の原理―和
事業承継(その34)家族の原理―和
作成:2016年5月17日(火)
事業承継(その34)家族の原理―和
企業の基本的原理は「競争」ですが、これに対して、家族の基本的原理は「和」であると言えるでしょう。
家庭・家族は、リプロダクション(生殖)を通じて人を再生産する機能を持ちます。
家庭・家族は人を生み・人を育てることを中核的な役割として有しています。
人は、いずれ社会に出て競争に晒されます。そこで、将来の競争環境に勝ち抜けるように子供を育てることによって、代々、家の祭祀・財産・誉を譲っていくわけです。
将来の競争に勝ち残れる人材に育成されるまでは、家庭・家族は子供に対して精神的な安定・癒しを提供します。
このように、家族では「和の原理」が働き、企業では「競争の原理」が働くといってよいでしょう。

  このエントリーをはてなブックマークに追加
経営の視点に関する詳細や関連記事はこちらに御座います。併せて御覧ください。