コンサルタント弁護士・籔本恭明(やぶもとやすあき)
経営の視点
経営の視点
謝罪の流儀
謝罪の流儀
作成:2015年12月21日(月)
日経ビジネス2015.12.07「謝罪の流儀 前例・定石に答えなし」と題した記事で、トヨタ自動車の豊田章男社長が、ジュリー・ハンプ氏逮捕に対して、緊急記者会見を開催した事例を取りあげています。
通常なら、役員が個人的に逮捕された段階で、社長自ら記者会見を開催するなどリスクが大きすぎて有り得ない、という記事です。
しかし、私たち一般市民の感覚では、社長が説明を果たすことを望みます。
日経ビジネスの記事を読んで分かったのは、企業の人間の感覚と私たち一般市民の感覚とは、大きな隔たりがあるということです。
企業のリスクマネジャーの方は、一般市民の肌感覚を知る機会を設けてから判断するべきです。

  このエントリーをはてなブックマークに追加
経営の視点に関する詳細や関連記事はこちらに御座います。併せて御覧ください。