コンサルタント弁護士・籔本恭明(やぶもとやすあき)
経営の視点
経営の視点
医療へのIT活用
医療へのIT活用
作成:2014年8月6日(水)
日本経済新聞によると、フィリップスはセールスフォース・ドットコムと提携して、MRIなどの結果を患者個人が持ち運べるサービスを近く始めるという。
本来は、各国民が、国家管理のデータベースに保存された個人の医療情報に、いつでも、どこからでもアクセスできるようにするべきだと思います。
医師のカルテを、他の医師が閲覧できるようにすることで医療の質も向上すると思います。

  このエントリーをはてなブックマークに追加
経営の視点に関する詳細や関連記事はこちらに御座います。併せて御覧ください。