コンサルタント弁護士・籔本恭明(やぶもとやすあき)
経営の視点
経営の視点
シンプルな戦略
シンプルな戦略
作成:2014年5月30日(金)
前マッキンゼーのディレクター山梨さんの「シンプルな戦略」によると、戦略構築の6つのステップとは、
1)戦略目標を設定する
2)境界条件を再確認、再定義する
3)環境を認識し、自社独自の洞察を導く
4)課題を抽出し、構造化する
5)戦略的方向性を創出、選択する
6)戦略としてまとめあげる
だそうです。
戦略をこのように考えると、今の我が国の成長戦略は、到底、シンプルな戦略とはいえません。
各省からの政策論集といった観があります。
もちろん、劇場型ワンフレーズ政治では困りますが、成長戦略をシンプルなものにして、繰り返し国民に訴えることが肝要かと思います。
たとえば、「成長を阻害するような規制を撤廃し、成長を阻害するような統治機構の権限を、財源とともに地方に移管する」などのシンプルなメッセージが必要ではないでしょうか。
つまり、「官から民へ」ではなく「成長の阻害要素を除去する」という発想が必要なのではないでしょうか。

  このエントリーをはてなブックマークに追加
経営の視点に関する詳細や関連記事はこちらに御座います。併せて御覧ください。