コンサルタント弁護士・籔本恭明(やぶもとやすあき)
経営の視点
経営の視点
再生可能エネルギー買取制度見直しのお願い
再生可能エネルギー買取制度見直しのお願い
作成:2014年3月14日(金)
ソフトバンクやオリックスなどが、太陽光発電などの再生可能エネルギー事業に積極的に力を入れています。
これは、再生可能エネルギー固定買取制度のために、税金を使って、安定的な収益につなげることができるからです。
この再生可能エネルギー固定買取制度をいち早く取り入れたドイツでは、消費者が支払う助成金は年間で3兆3600億円に達し、これは、1世帯当たり役3万3600円の負担になるということです(週刊ダイヤモンド2014/03/08)。
これはドイツ経済の競争力を削ぐには十分な負担です。
我が国もドイツと同じ轍を踏まないように、早急に再生可能エネルギー固定買取制度を見直す必要があります。

  このエントリーをはてなブックマークに追加
経営の視点に関する詳細や関連記事はこちらに御座います。併せて御覧ください。