コンサルタント弁護士・籔本恭明(やぶもとやすあき)
経営の視点
経営の視点
都知事選の争点としての原子力発電
都知事選の争点としての原子力発電
作成:2014年1月15日(水)
来る都知事選では原子力発電が争点の1つとして扱われるようです。
しかし、東京電力の株主は、議決権ベースで原子力損害賠償支援機構が過半数を持っていること、東京都は1.2%の株主に過ぎないこと、東京電力の電気供給先は関東地方の都県に及んでいること、東京都が東京電力を通じて他の県に支配を及ぼしてはならないこと東京電力が保有する原子力発電所は全て東京都以外に立地していること等を考えますと、原子力発電を都知事選の争点にしてはならないと考えます。
メディアには、上記を踏まえて報道して欲しいと思います。

  このエントリーをはてなブックマークに追加
経営の視点に関する詳細や関連記事はこちらに御座います。併せて御覧ください。