コンサルタント弁護士・籔本恭明(やぶもとやすあき)
経営の視点
経営の視点
日経ビジネス「年金はどこまで減るか」
日経ビジネス「年金はどこまで減るか」
作成:2013年12月7日(土)
日経ビジネスの結論は、高齢者になっても働けということだ。
問題は、高齢者になったときに、仕事があり、仕事をするスキルがあるかどうかだ。
とりわけ若年労働者のスキル形成機会の喪失が問題だ。
義務教育課程で、なぜ勉強しなければならないかを教えるべきである。
人間は、大自然、社会、先祖、モノから恩恵を受けている。
恩恵を受けている以上、これに恩返ししなければならない。
このとき、社会に役立つ知識、技術、徳性を身に付けていればいるほど、社会に役立つ度合が大きい。
だから、勉強して、社会に役立つ必要がある。
このことを子供のころに知っていればと悔やまれてならない。
だから、機会あるごとに、このことを伝えている。

  このエントリーをはてなブックマークに追加
経営の視点に関する詳細や関連記事はこちらに御座います。併せて御覧ください。