コンサルタント弁護士・籔本恭明(やぶもとやすあき)
経営の視点
経営の視点
週刊ダイヤモンド「激烈 流通最終決戦」
週刊ダイヤモンド「激烈 流通最終決戦」
作成:2013年12月5日(木)
ショールーミングとは、店頭で実物の商品を見てから、ネットでもっと安価で入手すること。
これに対抗するには、①商品を売ることから、経験や価値を売ることにシフトする。②自社開発商品を売る。③ヤマダ電機が試したように、店舗において最安値で提供する。ことが挙げられる。
①は多くの小売が挑戦しているところだ。
③は、ヤマダ電機の苦戦を見ると、よほどの体力がないと疲弊する。
そこで、②の選択が残る。
ZARAのように、短時間で商品を開発するシステムを、雑貨全般でユニークな商品ラインを揃えることのできる小売は生き残るだろう。
システムと導入費用の調達が勝負になりそうだ。
zaraとフライング・タイガー・コペンハーゲンの研究をお勧めする。

  このエントリーをはてなブックマークに追加
経営の視点に関する詳細や関連記事はこちらに御座います。併せて御覧ください。