コンサルタント弁護士・籔本恭明(やぶもとやすあき)
経営の視点
経営の視点
権限委譲
権限委譲
作成:2013年11月22日(金)
経営の神様と言われた松下幸之助さんは、経営者は、任せて任せず、つまり、任せてはいるけれども、絶えず頭の中で考えているのがよろしいとおっしゃる。
正に正鵠を射た考えだと思います。
もちろん、社長が率先垂範しないと社員はついていきません。
しかし、社員に修羅場を経験させないと人は育たないのです。
部下がしたこと全てにケチをつけ部下のやる気をなくすことが「仕事」と考えている社長さんは、もう一度、ご自身の「仕事」を再定義して頂きたいと思います。

  このエントリーをはてなブックマークに追加
経営の視点に関する詳細や関連記事はこちらに御座います。併せて御覧ください。