コンサルタント弁護士・籔本恭明(やぶもとやすあき)
経営の視点
経営の視点
百田尚樹の「永遠の0」は戦争を美化していない
百田尚樹の「永遠の0」は戦争を美化していない
作成:2013年7月27日(土)|更新:2013年9月27日(金)
百田尚樹の「永遠の0」に対してネット上で戦争を美化しているとの批判を目にしました。
この小説は、戦争に対する痛烈な批判であり、優れた反戦小説です。
私は多くの日本人が、この小説を読み、戦争の悲惨さを知って欲しいと願っています。
同時に、我が国の戦略の欠如を認識して、同じ過ちをしない覚悟が必要です。

  このエントリーをはてなブックマークに追加
経営の視点に関する詳細や関連記事はこちらに御座います。併せて御覧ください。