コンサルタント弁護士・籔本恭明(やぶもとやすあき)
経営の視点
経営の視点
税金は場所代
税金は場所代
作成:2013年5月8日(水)
よく、税金は場所代と言われます。
このたび国土強靭化法によって、膨大な公共事業が実施される可能性が出てまいりました。
このためには膨大な税金が課税される可能性もあります。
税金が場所代であり、場所代がこ高騰すれば、場所から出ていく人が増えるでしょう。
国土強靭化のためにあまりに場所代が増えると、企業の海外移転が加速します。
現実的な対応を望みます。

  このエントリーをはてなブックマークに追加
経営の視点に関する詳細や関連記事はこちらに御座います。併せて御覧ください。