コンサルタント弁護士・籔本恭明(やぶもとやすあき)
経営の視点
経営の視点
医師の応召の義務
医師の応召の義務
作成:2013年4月29日(月)
先日、京都市立病院協会で「院内暴力対策」のセミナーをさせていただきました。
あらゆる業種で、暴力対策は悩みのたねです。
医療機関において、さらにやっかいなのは医師法で応召の義務が課せられていることでしょう。
かつて、暴力をふるったり、暴言を吐いたりなどして、医療機関との信頼関係が失われた場合には、特段の事由がなければ、応召の義務が免除されるような仕組みを作って頂きたい。
医療従事者の半数以上は、患者からの暴力または暴言を経験している。
医療崩壊に至らせないためには、医療従事者を暴力から守る法制度が望まれる。

  このエントリーをはてなブックマークに追加
経営の視点に関する詳細や関連記事はこちらに御座います。併せて御覧ください。