コンサルタント弁護士・籔本恭明(やぶもとやすあき)
経営の視点
経営の視点
不動産価格
不動産価格
作成:2013年3月18日(月)
アベノミクスにより不動産価格の上昇を見越して、不動産投資に対する過熱感が出てきた。
インフレ期待が出てきた。
不動産の担保余力が回復しないと貸出は増えない。
メディアは、借入需要がないなどと報道するが、実態は、銀行の貸し渋りで企業が困っている。
この貸し渋りは、不動産価格の低下による担保余力の低下が原因だ。
バブルは必ず弾けるが、適正な範囲での不動産の担保余力の増大は、企業活動を活性化する。

  このエントリーをはてなブックマークに追加
経営の視点に関する詳細や関連記事はこちらに御座います。併せて御覧ください。