コンサルタント弁護士・籔本恭明(やぶもとやすあき)
経営の視点
経営の視点
徳洲会
徳洲会
作成:2013年2月9日(土)
報道によると、徳洲会の創業者一族と元経営幹部とが内紛を起こし、不適切な交友関係を理由に能宗氏が理事を解任された。
徳洲会といえば我が国最大の複数の医療法人を統括する病院グループだが、グループの中に社会医療法人も含まれている。
社会医療法人は、公共性、透明性が高い医療法人として、税制上優遇措置を受けている。
真剣に透明化と公共性を図っている多くの社会医療法人に対する社会に信頼を確保しなければならない。
我が国の医療制度の中核を支える社会医療法人制度が揺らぐと、社会保障制度自体が不安定になる。
今回のことで社会医療法人制度に対する不信が生じないように、真相を解明する必要がある。

  このエントリーをはてなブックマークに追加
経営の視点に関する詳細や関連記事はこちらに御座います。併せて御覧ください。