コンサルタント弁護士・籔本恭明(やぶもとやすあき)
経営の視点
経営の視点
ビジネス・プロセス・リエンジニアリング
ビジネス・プロセス・リエンジニアリング
作成:2013年1月10日(木)|更新:2013年6月20日(木)
ビジネス・プロセス・リエンジニアリングについては、決まった手順はありません。
私が、コンサルさせて頂く際には、基本的に下記の手順を基にクライアント様用にカスタマイズして御提案させて頂きます。
①使命、戦略的ゴールが設定する
②業績に関する本質的な課題を把握する
③BPRの結果目標を設定する
④BPRのプロジェクトの進捗を適切に管理する(PMBOK参照)
⑤プロセスを明確にする
⑥どのプロセスを再設計するかターゲットを決める
⑦ターゲットにしたプロセスを分析する
⑧ターゲットにしたプロセスについて新プロセス案を立案する
⑨新プロセスを実行する仕組みを構築する
⑩すべての新プロセスを包括した全てのプロセスに関するBPR計画を設計する
⑪トップが、BPR計画に沿って変革を実行する
⑫BPR計画が当初設定した結果を出しているか評価する
私のコンサルの基本手順に、ファシリテーションを入れております。
最も大切なのは、どれとどのステージでワークショップを開催するか、そのとき誰を参加させるのかが肝です。
これがうまくいかないと、BPRもうまくいきません。
上記プロセスにはありませんが、ワークショップ・デザインの出来も、結果に影響します。
その意味で、企業内でファシリテーターがいるか、養成するか、外部から調達するか、その判断は重要です。

  このエントリーをはてなブックマークに追加
経営の視点に関する詳細や関連記事はこちらに御座います。併せて御覧ください。