コンサルタント弁護士・籔本恭明(やぶもとやすあき)
経営の視点
経営の視点
落合博満著「采配 さいはい」を読む
落合博満著「采配 さいはい」を読む
作成:2012年4月10日(火)
先日、ダイヤモンド社から落合博満さんの「采配」を頂きました。スポーツ選手の体験は、企業経営にも有益なものが多いですね。この本の中で、選手に「自分で考え、動き、成長させる」ことが大切だと言っておられます。企業においても、社員が、自分で問題を発見し、自分で考え、動くように育てていくことが大切です。私は、企業研修を生業にしております。その一環として、社員の皆さんに、戦略立案の考え方、組織行動へ導く考え方、問題解決の発想法、自分の頭で考えるように導くためのコーチングを一緒に学んだり、学習する組織を一緒に構築していく等々の実践的な研修をさせて頂いております。私が研修している間は、社員の皆さまが自分で考えて下さるようになるのですが、研修期間が終了し、上司が「頭を使うな。俺の言うとおりやれ。」とばかりに命令しかしないと、すぐに元の黙阿弥です。落合さんが書いているように、「世の中がどんなにスピーディになっても、後進や部下の育成は守るべき順番を守り、必要な時間をかけなけらばならない。」のです。落合さんは、選手の指導にあたっては、「絶対に押しつけないこと」「鉄拳指導の禁止」の二つを徹底しました。
学習する組織の構築は忍耐が必要です。できる上司ほど、鉄拳で押しつけたくなるものです。しかし、ここは部下の成長を見守って、自分で問題を発見し、自分で対策を考え、自分で動き、自分で組織を巻き込んで成果を出す人材が多数育成されるまで時間をかけて頂きたいのです。

  このエントリーをはてなブックマークに追加
経営の視点に関する詳細や関連記事はこちらに御座います。併せて御覧ください。